« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月27日 (金)

市場価格のない株式の減損処理

 私自身が今、疑問に思っていて、なかなか普段の仕事に追われて、解決できないことをメモ代わりに書いておきます。

 金融商品に係る会計基準第三、二、6には、財政状態の悪化により実質価額が著しく低下したときは、相当の減額をしなければならないと書いてあります。そして、この会計基準の実務指針92には、減損処理という言葉が使われ、「実質価額」とは時価評価をした上での一株当たり純資産によるとされ、「著しく低下したとき」とは50%程度以上低下したときだと書かれています。

 ところが、これらの実務上の疑問点をQ&Aにまとめた「金融商品会計に関するQ&A」Q34では、「昨今の企業買収においては、会社の超過収益力や経営権等を反映して、財務諸表から得られる一株当たり純資産額に比べて相当高い価額で当該会社の株式を取得することがあります。この場合、売買価額が、第三者による鑑定額又は一般に認められた株価算定方式による評価額に基づいて、両者の合意のもとに決定されたとしても、その後、超過収益力が減少したために実質価額が大幅に低下することがあり得ます。したがって、このような場合には、たとえ発行会社の財政状態の悪化がないとしても、将来の期間にわたってその状態が続くと予想され、超過収益力が見込めなくなった場合には、実質価額が取得原価の50%程度を下回っている限り、減損処理をしなければなりません。」と書かれています。

 このQ&Aは、日本公認会計士協会の委員会報告なので、公認会計士の実務を拘束します。しかし、会社法、企業会計原則、金融商品に係る会計基準といったレベルの会計原則にはまったく触れられていない部分にQ&Aが突然踏み込んできたという印象です。そして、実務上の解釈を明確にするためのQ&Aであるにも関わらず、運用上の詳細がまったく書かれていません。本来、Q&Aというのは、会計原則で書かれているものの解釈や運用上の詳細を書くものだと思うのですが。

 疑問1
 通常の「相当の減額」は、財政状態の悪化により・・・ということで、赤字を出していたり、簿価ベースでの一株当たり純資産が一株当たり取得価額より低下したかどうかで、減損の兆候が把握できますので、減損の認識、測定へスムーズに進むことができます。しかし、企業買収株式については、何をベンチマークにするのでしょうか。黒字を出していても将来の超過収益力が減少したと思えば、減損処理するのであれば、固定資産の減損同様に減損の兆候の把握のプロセスをおかないと、四半期ごとにチェックをするのは非常に負荷がかかります。「買収時の収益計画よりも実際の利益が大幅に下回ったとき」とか、「買収時の収益計画よりも1円でも下回ったとき」とか、何らかの基準がほしいところです。

 疑問2
 買収時の企業評価は、通常は、年度単位の収益見込みから計算しますので、四半期単位でのチェックはどうやったらよいのでしょうか。ということは、企業買収株式の減損は、期末にのみ行う作業であると考えても良いのかもしれません。それで良いのでしょうか?

 疑問3
 当初の見込みでは、5年で回収できると踏んで買収をしたが、近年の状況では、5年では無理、しかし10年なら回収できるという場合に、減損は認識されるのでしょうか。収益性がちょっと落ちただけであり、Q&Aがいう「実質価額が大幅に低下する」というニュアンスとは違うかな?と思います。黒字を続けてはいるが、当初の回収予定期間では回収しきれないという場合に、どういう判断で減損するのでしょうか。

 実は、こういう部分が曖昧なままに「減損しなければ適正意見は出せません」と監査法人に脅迫されて、合点が行かぬままに減損処理をしている上場企業もあるのではないかと思うのです。どなたか、明確の答えをお持ちの方はいませんか?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

喫煙ってなんだ?

 http://hsakuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/1000_9204.html で書いたようにタバコを1000円にしちゃうと、第二のタバコ、第三のタバコが出ちゃうのではないか?という話題を書きましたら、いや、たばこ事業法には、製造たばこ代用品という規定もあるから、無理なのでは?というご指摘を受けました。
 
 たばこ事業法第2条
   この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
   一 たばこ タバコ属の植物をいう。

と書いてあるから、ナス科タバコ属の植物以外なら、紙に巻こうが、パイプで吸おうが、咬みタバコにしようが自由に読めるわけです。しかし、同法の第38条が次のように定めています。

 第三十八条(製造たばこ代用品)
  製造たばこ代用品は、これを製造たばことみなしてこの法律の規定を適用する。
 2 前項に規定する製造たばこ代用品とは、製造たばこ以外の物であつて、喫煙用に供されるもの(大麻取締法(昭和二十三年法律第百二十四号)第一条に規定する大麻、麻薬及び向精神薬取締法(昭和二十八年法律第十四号)第二条第一号に規定する麻薬、あへん法(昭和二十九年法律第七十一号)第三条第二号に規定するあへん並びに薬事法(昭和三十五年法律第百四十五号)第二条第一項に規定する医薬品及び同条第二項に規定する医薬部外品を除く。)をいう。

 麻薬とかじゃなく、喫煙用に供されるものは、みんなタバコとみなしちゃうのですね。じゃ、「喫煙って、なんだ?」ということになるんですが、どうも法律に定義がないように見えます。電子政府の窓口の法令検索で「喫煙」と入れると、少年法から受動喫煙のああたらこうたら、という法律までいろいろ出てきますが、定義規定がありそうな法令には喫煙の定義はありません。そこで、ググったら、こんなのが。

 北九州市公共の場所における喫煙の防止に関する条例
 (定義)
 第2条 この条例において「喫煙」とは、たばこ(紙巻きたばこ、葉巻きたばこその他これらに類するものをいう。以下この項において同じ。)を吸うこと又は火の付いたたばこを現に所持することをいう。

 きっと北九州市も条例を作るにあたって、喫煙の定義がなくて困ったのでしょう。でも、これじゃ、ここでの議論、製造たばこ代用品の範疇を決めることはできません。

一般的な定義を見ると、
 きつえん【喫煙・喫烟】 タバコをすうこと。
Kokugo Dai Jiten Dictionary. Shinsou-ban (Revised edition) ゥ Shogakukan 1988/国語大辞典(新装版)ゥ小学館 1988
ですし、広辞苑の第二版(古い!)でも同じです。でも、これじゃ困る。

 神奈川歯科大学の奥村俊允さんという方(先生でしょうか?)のページには、「喫煙とは、たばこを吸う行為で、この行為は個人が楽しむ嗜好品であり、ニコチン摂取により血液の循環が悪くなり、感覚がかすかに鈍くなる。これにより一種の麻薬的効果が得られる。」http://www.kdcnet.ac.jp/college/kyoyo/jouhou/97stu/02397/sld003.htm とあります。これは、使えそうな定義であり、喫煙というのは、「ニコチンが含まれているものを吸って、それによる生理的作用を求めること」といったニュアンスなのでしょう。
 
 と、定義するならば、ニコチンが含まれている植物をタバコ状にしたら、製造たばこ代用品になってしまうので、第二のタバコはありえないのだということになります。しかし、ニコチンの化学式 C10H14N2 ではなく、かつ麻薬の類ではないけれど、ニコチン的な作用をする物質があって、それを含む植物があるならば・・・。ここから先は、タバコが1000円になったときに、真空地帯を突っ走ってお金儲けにチャレンジするような会社に研究していただくことにいたしましょう。でも、とりあえず、監督官庁の皆様は、喫煙の定義について、もう少し詰めておかないと、麦芽の使用量を何%未満にしたら・・・とかリキュールを混ぜたら・・・といった工夫とのいたちごっこをタバコの世界で再び繰り返すことになってしまうかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

たばこが1000円になったら

先日の年金問題のブログ
http://hsakuma.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_d581.html
で、「たばこを1箱千円にしたら・・・という議員さんがいらっしゃるようで、これも本ブログの面白いネタになりそうですね。」てなことを書いておきました。

 この話をmixiの日記にも振りましたら、知人からいろんなコメントが。その中で、タバコが1000円になったら、ビールと同様に「第二のたばこ」「第三のたばこ」が出てくるんじゃないでしょうか?というのがありました。
 で、調べてみると、タバコというのは、たばこ事業法という法律で定義されています。
  たばこ事業法第2条
   この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に
  定めるところによる。
   一 たばこ タバコ属の植物をいう。
 
 タバコというのは、ナス科タバコ属の植物です。ということは、ナス科の他の属にもタバコと似たような性質の植物があるかもしれません。でも、タバコ属でなければ、タバコではないことになります。

 ナス科には、以下のような属が。
ナス属 Solanum
トウガラシ属 Capsicum
シネンセ種 Capsicum chinense
タバコ属 Nicotiana
チョウセンアサガオ属 Datura
キダチチョウセンアサガオ属 Brugmansia
ホオズキ属 Physalis
イガホオズキ属 Physaliastrum
ペチュニア属 Petunia
ハシリドコロ属 Scopolia
ヒヨス属 Hyoscyamus
ベラドンナ属 Atropa
マンドラゴラ属(コイナス属) Mandragora
クコ属 Lycium
カリブラコア属 Calibrachoa

 なので、トウガラシやチョウセンアサガオの葉っぱを乾燥させて紙巻にしても、たばこ事業法やたばこ税法には引っかかりません。第二のタバコ、第三のタバコができる可能性はあるんでしょうね。もちろん、仮にチョウセンアサガオの葉っぱにニコチンが含まれていないなら、ニコチンを微量に噴霧してあげてから紙巻きにしてもよいわけで。

 ちなみにネオシーダーという禁煙用、タバコ代替品として利用されることもある虚痰剤があるそうですが、これも主原料はヤマアジサイ・ナス科の植物だそうです。第二のタバコは、日本たばこ産業以外の会社が参入できてしまうわけで、うかつにタバコを1000円にするというのは、大きな経済的、社会的影響を及ぼすのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

五嶋龍&オルフェウス管弦楽団

 昨夜、サントリーホールで聞きました。 会場入り口へ近づくと、普段と客層が違う雰囲気。なんか、接待交際でコンサートにお招きした雰囲気の「お客様をお迎えするため待ってます」オーラの出ているおじさんたちと、ちょっと教養あるつもりっぽいおばさんたち。 濃いコンサートだと、渋いジャケットのシニアやジーンズ&トレーナーのお兄ちゃんがいるものだが。

 で、最初の演目、モーツァルトの交響曲第35番。第1楽章が終わったら、拍手が来た。いや、悪い演奏ではなかったが、拍手したんじゃ流れが切れるだろう。で、第2楽章終了後も第3楽章終了後も。ハフナーの後は、2006年の現代曲。案外面白い曲だと思った。

 そして、休憩時間。 休憩時間の終了近い頃、「お客様にご案内申し上げます。楽章間での拍手はお控えいただくようお願いいたします。」。会場に流れる笑い声。拍手していたおばさんを咎める1/3ほどの観客の意思が見えました。

 そして、後半は、五嶋龍くん登場で、ヴィヴァルディの四季。演奏は悪くなかったと思うんですが、P席で後ろから見るのだと、ちょっと残念な感じが。この曲は、実は、ヴァイオリンの次にチェロのトップが通奏低音として活躍するんですが、トップの女性は、なかなかしっかり弾いておりました。

 アンコールもたっぷりで、特に庭の千草の主題のヴァリエーションは、彼の技量と楽器の性能が堪能できる秀演だと思いました。聴衆のレベルと席の場所を除いて、たいへん満足して帰ってまいりました。あのおばさん達がいなくなれば、もっとよい席が取れるのだが。彼には、しばらくベルクとかショスタコーヴィッチとかの協奏曲みたいなとっつきの悪いのを連続してもらって、変なオバサンを排除してほしいなぁと思いました。あれじゃ、五嶋龍君は、いつまでも本格派になれないような気がします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

年金の税方式移行について

 今週の東洋経済誌の中で、「年金を税方式に移行するべきだという議論を日本経団連などがしているが、これで得をするのは企業であり、ほとんどの国民は損をする。なぜなら、税方式に移行することで、社会保険料の雇用主負担分が消えてしまうからだ。」という記事がありました。

 たしかにその通りです。だから、税方式に移行すべきでないとするなら、どうすれば年金制度の改善をするのでしょうか。うちの事務所の中でもお昼休みの雑談の中で、税方式になっちゃうと会社の法定福利費がなくなっちゃうよね・・・という話は出ていました。その際に「じゃ、外形標準課税のうちの付加価値割を増税して、かつ、資本金1億円以下の会社にまで適用しちゃえば、いいんだよね」みたいな対案が出てきました。

 街の税理士事務所のお昼の雑談ですら、対応策の1つくらい出てくるわけなので、政府の審議会でそういった議論がないのはあまりにもおかしいし、それを駄目だと論ずる東洋経済もおかしい。もちろん、現在の7%を超える負担率をそのまま付加価値割とか人件費割にされちゃったら、現在社会保険に入っていないパートやアルバイトの人件費にまで課税されちゃうので困るわけですが、法定福利費相当額だけ増税するような対策でよいわけです。

 日本経団連は、法定福利費相当額は、給与に上乗せするように対応すると言っているやに聞いていますが、そんなのは信用できない。やはり、相応の税金で取ってしまって、逆にそれで消費税の増税額を緩和しながら、企業の租税負担を明確にするのも手だと思います。

 従来、世界各国の法人税の負担の比較なんてことをやると、国税である法人税の税率だけで比較したり、地方税の税率も勘案したり、社会保障関連費用も勘案したりと、負担感を重くしたい人と軽く見せたい人の綱引きがあったわけです。全部、租税に統一してしまえば、その後に負担感が強いと思えば減税するまでで、議論がクリアになるように思います。

 政府もメディアもきちんとした議論をしてほしいなぁと思います。

P.S. たばこを1箱千円にしたら・・・という議員さんがいらっしゃるようで、これも本ブログの面白いネタになりそうですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

うどんは馬喰横山に限る?

 30歳前にマザーズに上場した高野さんという社長さんの少年時代、親御さんが高野さんに「新聞の記事を拾い出して、内容を自分なりに噛み砕き、文章にまとめる(その中には別の資料に当たって記事を検証することも含む)」という課題を課していた・・・というエピソードを聞いて以来、子どもにせめて天声人語を読ませるという課題を与えよう・・・ということをやっています。

 今朝の書き出しは、「永田町の議員会館の前で・・・」。その瞬間、ふと、こんな質問をして見ました。
 「永田町っていったら、何が浮かぶ?」
 「担任の永田先生」
 「永田町には何がある?」
 「国会議事堂」
 「そう、だから、永田町では・・・と言うときには、国会議員さんは・・・という意味で使うことがあるんだよ。じゃあ、霞ヶ関は?」
 「わかんない」
 「これは、財務省とか厚生労働省とかお役所があるから、お役人。官僚。じゃ、秋葉原は?」
 「石丸電気!」
 「おしい。電気街。じゃ、兜町は?」
 「わからない」
 「あそこには東京証券取引所があるんだ。だから、株とか証券業界。じゃ、馬喰横山は」
 「サピックス!」
 「当たり!といいたいけど、外れ。衣料問屋なんだな」
 
 という会話をしながら、こんなのが中学入試で出てきたら怖いよな、塾の入試報告会などでもすぐに取り上げられて、「だからお子さんにも新聞を読ませないと」とかなるんだろうと、思ったりした。

 そのとき、子どもが
 「馬喰横山のうどん屋って、そんなにおいしいの?」
 「?????」
 で、次の瞬間、やっとわかったので、子どもに教えてあげた。
 「イリョうどん、といううどん屋さんがあるんじゃなくて、衣料問屋。繊維街なんだよ」

 知らない相手には、丁寧に説明しないと、とんでもない誤解が生じるのですね。でも、楽しい朝食の時間でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »