« 政府税調の答申(所得税編) | トップページ | 電子的監査証拠 »

2007年12月17日 (月)

生活必需品を非課税にすると

 消費税の税率アップの議論の際に、必ず出てくるのが、食料品など必需品には軽減税率を適用したり、非課税にするべきだという議論。しかし、こんなことは意味がないというのが経済学者や税法の専門家の意見。

 イギリスでの下記の記事は、参考になるというか、ばかばかしいというか。でも、そういうことなんですよね、必需品に軽減税率や非課税を適用するということは。

http://www.asahi.com/international/update/1217/TKY200712170039.html

「ビスケットかケーキか」。英国のお菓子をめぐり、30年以上も争われてきた見解の対立に、欧州連合(EU)の欧州司法裁判所がまもなく決着をつけそうだ。どっちでもよさそうな話だが、判決には350万ポンド(約8億円)の行方がかかっている。

 対決しているのは、英国の税務当局とスーパー「マークス・アンド・スペンサー」。問題のお菓子は、このスーパーが販売している「ティーケークス」(1個約25円)で、ビスケット状の台の上にマシュマロが載り、全体をミルクチョコレートが覆う。

 英各紙の報道によると、英税務当局はこれをビスケットとして付加価値税を課した。しかし、スーパーはケーキだと主張。ケーキなら非課税だ。付加価値税導入の73年以来払い続けた分の返還を求めたスーパーに対して、税務当局は94年にいったんケーキと認めた。だが、払戻額を8万8440ポンド(約2000万円)と値切ったため、スーパー側は上訴。国内で決着できず欧州司法裁判所に持ち込まれた。 」

 日本だって、こんな税制が導入されたら、次のような議論が始まるんですよ、きっと。みりんは必需品だ。で、同じような成分の日本酒は必需品だ、料理に使うこともあるし。でも、焼酎は料理に使うわけではないから、嗜好品として課税商品だ・・・とかね。ワインも嗜好品だ。え、ワイン蒸しで料理にも使うって?・・・・・・・・・

|

« 政府税調の答申(所得税編) | トップページ | 電子的監査証拠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/17395451

この記事へのトラックバック一覧です: 生活必需品を非課税にすると:

« 政府税調の答申(所得税編) | トップページ | 電子的監査証拠 »