« 生活必需品を非課税にすると | トップページ | 中小企業には厳しい新年か? »

2007年12月24日 (月)

電子的監査証拠

 という書名の本が第一法規から出版されました。
といっても、著者は、カナダ勅許会計士協会。翻訳者は、日本公認会計士協会で、表紙には私の名前は出ていません。でも、何枚かめくると6人の電子的監査証拠対応ワーキング構成員の一人として私の名前が出ています。

 ITによる会計システムがこれだけ普及してきて、電子取引(EDIとかネットショッピングとか)も普及している中、監査証拠自体が紙の帳簿や領収書や請求書ではなく、電子媒体になってしまっている例も増えています。そんな昨今、監査証拠に対して会計士はどういうスタンスで臨めばよいのか?という問題意識から作られた本です。当初、IT委員会では、カナダからこの本(原題:Electronic Audit Evidence)が出ていることを知り、委員自身が勉強する素材として良さそうだから、翻訳してみようかということになりました。しかし、翻訳しているうちに、委員が認識するだけでは惜しい普遍性があるということで、出版することになりました。

 こういうテーマにご関心をお持ちの方は、お買い求めください。絶対に部数ははけず、初版で絶版になっちゃうと思いますので、こんなテーマの本。

 お買い求めの際は、こちらPhoto からどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4474023544/sakumakaikei-22

 協会での翻訳本なので、私の元にも3冊しかもらえていませんので、「言ってくれれば著者割引でお分けしますよ」というわけにいかないのと、上記のアフェリエイトのURLを案内することで、このブログから何冊売れたか把握できるかな?みたいなことを考えて、やってみたのですが、売れるのでありましょうか。あるメーリングリストでは、第一法規さんに直接申し込めるような購入方法を案内してみたのですが。そもそもいくら売れても私に印税が入るわけではないのですが、こういうテーマの本が図書館など一定部数が期待できる媒体ではなく、一般のビジネスマン、研究者にどれだけ売れるかで日本のIT普及の基盤の厚さを量ることができると思うのですね。

|

« 生活必需品を非課税にすると | トップページ | 中小企業には厳しい新年か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/17469210

この記事へのトラックバック一覧です: 電子的監査証拠:

« 生活必需品を非課税にすると | トップページ | 中小企業には厳しい新年か? »