« マキシム・ド・パリの謎 | トップページ | 政府税調の答申(所得税編) »

2007年11月24日 (土)

ブルックナーの交響曲の改訂版

 最近、このブログでのクラシック音楽の話を読まれたという方から、「解説、読んでます」とか「詳しいですよね」などと言われることが続きました。詳しいわけでも解説を書いているわけでもないので、単なるシロウトの愛好家の放言だと思って読んでいただきたいなと。

 さて、最近、内藤彰指揮東京ニューシティ管弦楽団のブルックナー交響曲第4番なんてのを聴いたりしました。これ、改訂版の演奏です。Botstein  指揮のブルックナー5番のシャルク改訂版なんかも聴きました。が、いずれも演奏がよくないのですね。4番は、フルトヴェングラーやマタチッチの演奏と比較して明らかに劣ります。ぜんぜん聴いていてありがたくない。第一楽章第1主題の手前4小節のヴァイオリンの旋律を改訂版では1オクターブ上げているのですが、カラヤンはハース版を使いながらも、ここだけ改訂版のアイデアを使っていますが、これなどまさに流麗でカラヤンらしいのです。が、内藤版では、ここが貧弱。改訂版の譜面どおり、1オクターブの重音で弾かせているのかしら? divで弾かせるべきだと思いますが。

 Botstein もクナッパーツブッシュの演奏などと比較するとぜんぜん有難みがない。神々しくないのですよね。いや、クナと比較しちゃかわいそうなのかもしれませんが。
 
 で、話は、カット。改訂版では、カットが多くて、ブルックナーのオリジナルの味を壊しているといった批評が多いです。が、少なくとも4番については、改訂版にも相応の説得力があります。9番について「オリジナル版を使うべきだ」と朝比奈隆に助言したフルトヴェングラーが4番は改訂版を使っているのですよね。また、4番はブルックナーが初めて評価された交響曲であり、当時の聴衆(マーラーやワーグナーの演奏が支持されていた)に受けるのは、周囲の助言を得て改訂するしかなかったんだと思います。8番くらいになると、自らシンバルなどがんがん使って最初から派手な作りができるようになったわけですが。

 で、カットなんですが、なんでブルックナーについてだけは、カットがうるさいのでしょうか。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の第3楽章は、ほとんどの演奏者が30数小節から70数小節をカットして演奏しています。私の知る限り、ギドン・クレーメルだけがスコアどおりの演奏をしています。チャイコフスキーとブルックナーって、ほとんど同じ時期に活躍しているんですが、やはり、当時ないし、20世紀前半までは、くどいまでのブルックナー臭さやチャイコフスキー臭さより、耳に馴染む流れの良さが尊ばれたのかもしれません。チャイコフスキーのカットを許すなら、ブルックナーのカットも許さないといけないんじゃないですかね、などと、4番の改訂版支持者としては思うのでありますが。

|

« マキシム・ド・パリの謎 | トップページ | 政府税調の答申(所得税編) »

コメント

 チャイコフスキーのVn協奏曲3楽章は、ロンド形式ですが、原曲は繰り返しが多く、カットされた版に慣れた耳にはややしつこく聴こえると思います。大部分の版のカットは、おそらくアウアー版を踏襲していると思われますが、この繰り返しを減らしたり、低い音で続くパッセージを高い音に跳躍させて華々しい効果が上げやすく改訂しています。クレーメル以外にも原典を取り入れた演奏はありますが、エルマン、ハイフェッツ、ミルステインなどアウアーの弟子達によって演奏の伝統が積み重ねられ現在に至っているので、カットする演奏のスタイルによって輝かしい印象の曲として定着したのでしょう。おそらくチャイコフスキーが意図した音楽とは異なると思われます。
 一方、ブルックナー、例えば5番の4楽章のように精緻なフーガの場合、小節をカットすることは、曲の構造を壊して演奏効果を減ずることになりかねません(薬師寺の三重塔の軒を削ってしまうようなことになりかねません)。過去の改訂には、あまり構造に配慮しないものもあったらしく、ブルックナー自身も改訂を繰り返し試行錯誤していたのですが、作曲された当時必ずしもブルックナーの作品に対する理解が十分でなかった時代に、無理解故の冗長という評価で精妙な構造を壊してしまうものもあったようです。4番の場合は、原典版と例えばノヴァーク版では、違う曲かと思うほど大きく改訂されていますが、一つにはブルックナー自身がより良い作品にするために作品を鍛え上げていったプロセスが見える形で残されているということだと思いますし、ノヴァーク(やハース)のように、作曲者の意図と構造を吟味して周到な改訂を行って作品の持つ意味が明確になってきたのだと思います。
 なお、ブルックナーは指揮者の相性がはっきりしています。合わない指揮者で聴くのはとてもつまらないので、私の場合は、大体シューリヒトかクナ、今生きている人ではあまり聴きごたえのある人はいませんが、意外に良い演奏をするのが尾高忠明でしょうか。マタチッチは良かったですね。N響で8番ハース版のライブ(70年代です)を聴いたときは度肝を抜かれました。

投稿: maeda | 2007年11月26日 (月) 20時39分

前田さん、コメントありがとうございます。
そう、ブルックナー5番の4楽章の改訂は、問題ありそうですね。ただ、90分に及ぶ曲をなんとかしないと・・・という意図で短縮したのか? 5番は、この改訂の研究用に原典版と改訂版のスコアは入手しているものの、この5年以上、目を通せていません。本業優先で、時間がないんですよね。

ブルックナーの指揮は、難しいですね。曲は、入り組んでいる分だけ、いろいろ振りたくなるんでしょうけど、そうすると有難みが薄れてしまう。小林研一郎の8番とかも実演を聴きましたが、燃えるコバケンとマッチする部分としない部分が。

投稿: 佐久間 | 2007年11月27日 (火) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/17169637

この記事へのトラックバック一覧です: ブルックナーの交響曲の改訂版:

« マキシム・ド・パリの謎 | トップページ | 政府税調の答申(所得税編) »