« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

政府税調の答申(所得税編)

 11月20日に政府税制調査会の答申「抜本的な税制改革に向けた基本的な考え方」が提出されました。さらっと、解説と私見をメモしておきます。これらのうち、来年度の税制で何がどのように反映されるかは、自民税調の答申(来月中旬)を見るまでわからないのですが。
 
 所得税については、現状では「所得税の納税者の大部分に5%又は10%という低い税率が適用される構造となっている」という指摘があり、ブラケット幅に言及しています。なので、将来的に5~40%の税率は、10~50%くらいに変更されそうな雰囲気ですね。でも、その際には、他の税目の見直し、基礎控除等の見直しとセットで、低所得者の可処分所得が圧迫されることがないようにはするのだと思いますが。
 
 そして、所得税については、配偶者控除について廃止の方向性の意見が強いと書かれていました。しかし、「現行制度は配偶者の流動の中立性を阻害している」などと書いているものの、じゃ、結婚して妊娠して、妊娠8~10ヶ月の妊婦さんにも働け、出産直後の生後数ヶ月の新生児をどこに預けて働けというのでしょうか。また、子供が3歳になろうと5歳になろうと、毎日残業で帰宅が23時みたいな就労を夫と妻と両方が行うことはできず、ディンクスに比べれば子持ちの妻の所得の獲得力は低下すると考えるべきではないのでしょうか。なら、配偶者控除は廃止しても、扶養控除は拡充すべきだし、場合によっては母子手帳のコピーを提出すれば扶養控除を適用というのもありかな?などと思います。答申でも「見直しを図ることも考えられる。その際、配偶者控除等の見直しにより税負担が急激に増えることは避けるべきであり、他の控除の見直し等も踏まえる必要がある。」と書かれています。
 
 給与所得控除は、圧縮の方向のようです。「勤務費用の概算控除の部分については給与所得者の勤務の実態をより正しく反映する仕組みが望まれる。」と書かれています。年間70万円のパートをする人が65万円の勤務費用をかけているわけないですものね。ま、答申の中では、実額に基づく控除の拡充を図る見地からとか、上限の設定などと書かれていますが。
 
 事業所得では、複式簿記がより一層、重視されそうです。複式簿記でなければ実額での必要経費は認めず、相対的に少額になる概算経費とするといったことも考えられると書かれています。が、この概算経費って、問題ありそうな気がしますけどね。昔、こういうのがあったんです。原稿料は30%の概算経費、生命保険の募集人は・・・とかって。
 
 そのほか、退職所得、年金所得も課税強化の方向でしょうか。また、所得控除よりは税額控除の方向性が示唆されています。ふるさと納税については、寄付金税制の範疇で実現するのでしょうけど、一応、問題点の指摘などをしています。私は、変な税制だと思っていますけどね、寄付金税制って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

ブルックナーの交響曲の改訂版

 最近、このブログでのクラシック音楽の話を読まれたという方から、「解説、読んでます」とか「詳しいですよね」などと言われることが続きました。詳しいわけでも解説を書いているわけでもないので、単なるシロウトの愛好家の放言だと思って読んでいただきたいなと。

 さて、最近、内藤彰指揮東京ニューシティ管弦楽団のブルックナー交響曲第4番なんてのを聴いたりしました。これ、改訂版の演奏です。Botstein  指揮のブルックナー5番のシャルク改訂版なんかも聴きました。が、いずれも演奏がよくないのですね。4番は、フルトヴェングラーやマタチッチの演奏と比較して明らかに劣ります。ぜんぜん聴いていてありがたくない。第一楽章第1主題の手前4小節のヴァイオリンの旋律を改訂版では1オクターブ上げているのですが、カラヤンはハース版を使いながらも、ここだけ改訂版のアイデアを使っていますが、これなどまさに流麗でカラヤンらしいのです。が、内藤版では、ここが貧弱。改訂版の譜面どおり、1オクターブの重音で弾かせているのかしら? divで弾かせるべきだと思いますが。

 Botstein もクナッパーツブッシュの演奏などと比較するとぜんぜん有難みがない。神々しくないのですよね。いや、クナと比較しちゃかわいそうなのかもしれませんが。
 
 で、話は、カット。改訂版では、カットが多くて、ブルックナーのオリジナルの味を壊しているといった批評が多いです。が、少なくとも4番については、改訂版にも相応の説得力があります。9番について「オリジナル版を使うべきだ」と朝比奈隆に助言したフルトヴェングラーが4番は改訂版を使っているのですよね。また、4番はブルックナーが初めて評価された交響曲であり、当時の聴衆(マーラーやワーグナーの演奏が支持されていた)に受けるのは、周囲の助言を得て改訂するしかなかったんだと思います。8番くらいになると、自らシンバルなどがんがん使って最初から派手な作りができるようになったわけですが。

 で、カットなんですが、なんでブルックナーについてだけは、カットがうるさいのでしょうか。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の第3楽章は、ほとんどの演奏者が30数小節から70数小節をカットして演奏しています。私の知る限り、ギドン・クレーメルだけがスコアどおりの演奏をしています。チャイコフスキーとブルックナーって、ほとんど同じ時期に活躍しているんですが、やはり、当時ないし、20世紀前半までは、くどいまでのブルックナー臭さやチャイコフスキー臭さより、耳に馴染む流れの良さが尊ばれたのかもしれません。チャイコフスキーのカットを許すなら、ブルックナーのカットも許さないといけないんじゃないですかね、などと、4番の改訂版支持者としては思うのでありますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

マキシム・ド・パリの謎

 フランス料理店であり、デパ地下にケーキ屋さんを出店しているマキシム・ド・パリ。これが2つの会社に分かれていることをはじめて発見しました。

 大丸東京、松坂屋上野店などに入っているのは、マキシム・ド・パリ株式会社(本店:東京都中央区銀座5-3-1ソニービル)です。
http://www.maxim-s.co.jp/sweets/index.html

 で、日本橋高島屋、三越銀座などに出店しているのが、
株式会社アステカ(本店:東京都中央区京橋2-4-16)です。
http://www.maxims.jp/
こちらは、パリのマキシム・ド・パリと契約・提携して、製造・販売を行っているとホームページに書かれています。

 果たして、違った商品を売っているのか、商品内容まで契約で縛られていて同じ商品を売っているのか? 甘いもののために食べ歩くような人間じゃないのですが、ちょっと気になるんですよね。いや、味とかじゃなく、こうなった経緯、契約関係、商標、新規出店の調整等とか、更科事件のようなことが起きないのか?とか。う~ん、休日も頭は、税理士・公認会計士だなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

なぜパスワードを定期的に変更するのか

 銀行のATMやネットバンキングを利用するときなどに「長期間、パスワードが変更されていません。」といった警告が表示されることがあります。しかし、長期間パスワードを変更しないとなぜ危険なのでしょうか?

 あるサイトには、こんなことが書いてありました。
(1)他人に推測されにくいパスワードでも、ハッキングツールを使って長時間かければパスワードが割り出されてしまうこと
(2)仮にパスワードが割り出されてしまっても、なりすましなどの被害を受け続けることを避けることができること

 (1)は、ナンセンスです。ハッキングツールが1111から順番に1112、1113とパスワードを変化させてアタックしている場合、仮に8765というパスワードから4321というパスワードに変更した場合、むしろハッキングツールに補足される確率が上がるし、ハッキングツールが9999から降りてきている場合は、確かにパスワードの変更でパスワード破りに掴まる時点を先延ばしにできるわけです。しかし、あくまで4桁のパスワードなら、9の4乗すなわち6561分の1の確率で、パスワードは破られるので、(1)は、パスワード変更の必然性の理由になりません。

 (2)は、パスワードが破られた場合に、被害が拡がる前にパスワードを変更することで、最低額の被害にとどめることができるというメリットがあります。サーバーのパスワードなら納得できますが、銀行の口座ならどうでしょうか。パスワードが破られたら、毎日50万円とかの引き出し限度額一杯ずつ引き出しが行われていきます。これを避けるには、毎日パスワードを変更しなければいけません。銀行は、そんな馬鹿なことを求めているのでしょうか?

 サーバーなどの場合、こっそり少しずつ情報を引き出したり、トロイの木馬を仕掛けたりといった作業をされないようにするために、毎月パスワードを変更すれば、大きな被害にならないうちに、ハッカーを締め出すことができます。が、銀行は違うわけですね。いったんハッキングされたら、50万円とかの引き出し被害に遭うわけです。でも、たとえば、下記のような案内を銀行はしています(三菱東京UFJです)。
  「お届け済みのパスワードを変更されることをおすすめします。
  パスワードはご本人さまを確認する大切な情報です。
  ダイレクトバンキング用パスワード、インターネットバン
  キング用パスワードについては、お申し込み後直ちに、
  また定期的に変更されることをおすすめします。お手続
  きはお取引き画面、および書面等で随時お手続きいた
  だくことができます。」
  
 待てよ?「お申し込み後直ちに変更しろ」と言っているということは、申し込み直後の犯罪と言えば、銀行内部の人によるものですね。そうかぁ、銀行は、泥棒を飼っている可能性があるから、顧客にパスワードを変更してくれとお願いしているわけですね。これは納得せざるを得ません。皆さん、発行されたパスワードは、受領後、直ちに変更しましょう(^_^)。
 
 で、話は、戻りますが、パスワードを定期的に変更することで、むしろ危険なことも増えると思います。みなさん定番のパスワードを持っていると思いますが、頻繁に変更することで、その定番のパスワードを使い尽くして、結局は、紙に記録しておかないと覚えていられないパスワードだらけになってしまい、その紙を盗まれたとたんにあらゆる財産が危険に直面することになります。

 http://www.pc-view.net/Security/041029/page3.html
には、安直なパスワード変更のリスクといったことも書かれていて、それなりに勉強になります。

 銀行の口座がハッキングされた際に、「あなたは定期的にパスワードを変更していなかったから、銀行は賠償義務を負いません」なんてことを言うためにパスワードの定期的な変更を求めているのだとしたら、銀行の傲慢を責めるべきなのかもしれませんが、果たしてパスワードは、定期的に変更すべきなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »