« フォションのサンドウィッチ | トップページ | なぜパスワードを定期的に変更するのか »

2007年10月31日 (水)

電子申告もやっと普及か?

 国税の電子申告は、e-Tax、地方税は、eLtax(エルタックス)といいます。この eLtaxで、来年1月15日から個人住民税(給与支払報告書、特別徴収関連)、事業所税の申告手・提出、平成20年3月24日から電子納税が開始になるという話です。ということは、毎月10日に企業が納税している給与の源泉所得税と住民税の特別徴収額の納付が電子納税によってできるようになるということだと思います。

 給与から源泉徴収された源泉所得税と個人住民税は、徴収した会社等が翌月10日までに納付してきたわけです。従業員数10名以上の徴収義務者がすべてこの規則で動いていて、そのため、銀行の窓口は、10日になると非常に混んでいたと思います。納付書を使うため、ATMでは納付ができないのですね。

 これが電子納税でいけるとなれば、ネットバンキングなどを利用している会社は、こぞって電子納税に移行するかもしれません。現状、国税の電子納税については、最初の電子証明書の登録作業のところで住基ネットカードなどに搭載された電子署名を付することが必須となっていますが、住民税と合わせて、毎月楽になるのであれば、最初の1回くらいは仕方がない・・・という風になるかもしれません。やっと目に見える利便性が出てきたといえます。逆に言えば、今までなんで国税と地方税の電子申告がバラバラだったんだ?ということでもありますが。

 毎月行う作業で電子納税を利用するとなれば、電子申告利用者数のアップにおおいに貢献することになり、平成20年度にかなりの件数の達成を目標としてしまった電子政府構想へのノルマ達成も可能になるかもしれません。ちょっと利用税目が偏りすぎるとかそういう問題はあるかもしれませんが、利便性なき制度に利用者は近寄りません。国税・地方税の電子申告制度は、どうやらパスポートの電子申請のように無駄遣いの象徴にならないで済むのかもしれませんね。

|

« フォションのサンドウィッチ | トップページ | なぜパスワードを定期的に変更するのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/16931880

この記事へのトラックバック一覧です: 電子申告もやっと普及か?:

« フォションのサンドウィッチ | トップページ | なぜパスワードを定期的に変更するのか »