« プレジデントの介護行政の記事 | トップページ | カード会社もたいへん »

2007年8月 2日 (木)

コミュニティバス

 文京区が今年からスタートした「Bーぐる」というコミュニティバスに乗りました。文京区役所からの帰り、春日駅から千駄木2丁目まで。
 http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_kumin_jigyou_b-guru.html

 けっこう満員状態でした。料金は100円ですが、これだけ乗って、かつ、乗り降りが頻繁なら、採算取れるかも・・・という感じがしました。台東区は、「めぐりん」というコミュニティバスを数年前から運行していましたが、文京区もこれに倣ったということなんでしょうか。こういうバスが区内の鉄道のない部分を網羅してくれると、夏場など出歩くのが楽かもしれません。

 でも、100円で採算が取れるなら、旧来のバス事業者は、なぜこういうことをやってこなかったのでしょうか。やはり、採算取れないのでしょうかね。だとすると、区の財政の重石Image になる?

|

« プレジデントの介護行政の記事 | トップページ | カード会社もたいへん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/15983933

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニティバス:

« プレジデントの介護行政の記事 | トップページ | カード会社もたいへん »