« ザッツ営業 | トップページ | 世の中馬鹿が多い・・・私を含めて »

2007年7月 6日 (金)

旋律が浮かばない人だったんだ

 朝食が終わり、さて、そろそろ出掛けるかな・・・という頃、家内がラジオをFM放送に切り替えた。流れてきたのは、ピアノ曲。古典派っぽいけど、なんだこれ? 以下、二人の会話。

「誰の曲?」
「ベートーヴェン?」
「でも、モーツァルトの旋律を使っているよね」
「えーっ、ここラジオ体操みたい」
「いえてる」
「ベートーヴェン作曲モーツァルトの主題による何とかみたいな曲?」

 そのとき、曲が終わり、アナウンサーの声。

チェルニー作曲、フィガロのモティーフによる華麗な幻想曲、演奏は・・・」
「ベートーヴェンじゃなくて、そのお弟子さんだったのね。」
「練習曲以外の曲、初めて聴いた」
「和声学はできても、旋律は浮かばない人だったんだね、チェルニーって。だから練習曲しか後世に残らなかったんだ。」

無神経な会話に、今頃、チェルニーは、あの世で泣いているかもしれない・・・。

|

« ザッツ営業 | トップページ | 世の中馬鹿が多い・・・私を含めて »

コメント

こんにちは。
懐かしくなって、チェルニー100番練習曲の教本を出してきました。
ざっと眺めてみると、やはり練習曲という感じがします。
私も『フィガロのモティーフによる華麗な幻想曲』を聴いてみたいです。


投稿: しゅん | 2007年7月 6日 (金) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/15671965

この記事へのトラックバック一覧です: 旋律が浮かばない人だったんだ:

« ザッツ営業 | トップページ | 世の中馬鹿が多い・・・私を含めて »