« ふるさと納税 | トップページ | マスコミは相変わらず »

2007年5月28日 (月)

JR貨物

 25日の晩、24時過ぎに名古屋駅のホームにいました。26日が子どもたちの運動会のため、朝には東京に戻ろうということで、寝台急行「銀河」を予約。仕事の終了は、新幹線の終電の後になることがわかっていたのです。仕事の後、1時間ほど、マリオットアソシアホテルのカフェでチーズをかじりながらシャンパンなど飲んでいたのですが、24時に閉店のため、そこから0時58分の乗車までホームで読書をしていました。

 すると、5~6分に1本、貨物列車が通過していきます。東海道線の普通列車なんて、2~30分に1本なのに、夜間の貨物列車は、山手線並みの間隔で走っているのですね。貨物のダイヤは、時刻表にも載っていないため、この歳になるまで知りませんでした。日本の物流の一端は、こうして支えられているのだと実感したのでありました。

 かつて、私が所属していた監査法人がJRの民営化の際にJR九州とJR貨物と鉄道通信しか契約できなかった際に、幹部が「JR貨物は、JRグループ内で唯一全国ネットで動いている会社だ」と強がりを言ったのを覚えています。当時は、東日本や東海を取れなかった言い訳だと思いましたが、それもあるなぁ・・・と思った次第。もちろん、グループ内唯一、自前の線路を持たない鉄道会社なんですが。

 1時間の間に7~8回も貨物列車の通過を見る経験、寝台急行に乗ったこと自体より印象的でありました。

|

« ふるさと納税 | トップページ | マスコミは相変わらず »

コメント

知人から教えてもらいました。
http://www.rfa.or.jp/time/time.html
JR貨物時刻表というのがあるのだそうです。

投稿: 佐久間 | 2007年5月29日 (火) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/15236186

この記事へのトラックバック一覧です: JR貨物:

« ふるさと納税 | トップページ | マスコミは相変わらず »