« 児童手当の施策としての合理性 | トップページ | 国立・・・ »

2007年4月10日 (火)

新興株式市場の相場が来る?

 日経平均は、いろいろ揺れたりしつつも、堅調に推移していますね。その中で、マザーズ、ジャスダック、ヘラクレスなどの新興株式市場は、思いっきり低迷している印象があります。うちの顧問先やら顧問先の関連企業の状況が見えてくるという意味で何銘柄か株価をウォッチしていますが、「なんでこの株価なの?」という状況があります。逆に「この会社が下がったとはいえ、なんでまだ1万7千円もつけてるの? 空売り規制がなかったら売っちゃうぞ」という銘柄があるのも確かなんですが。

 ある意味、そういう「何で?」という一定数の不良銘柄に全体の印象を悪くされて、全体の株価、優良新興企業株の株価まで下がっているということかもしれないし、一日19億株なんて成立させるには新興市場では間に合わないということかもしれません。でも、ヤフーにしろ安定した成長株だと思うし、昨年赤字に転落したUSENだって、今期の業績の状況を確認できれば見直されるのではないかと思ったりします。ほかにも業績の下方修正を繰り返して投資家に見放されているけれども、きちんとした実績を出し始めれば見直されるはずというところまで売り込まれた銘柄もあります。

 新日鉄や東芝みたいな銘柄ばかり動いているからこそ、個人投資家は、長期の資金で新興市場の株式を打診買いしてもよいのではないかと思うのです。

P.S. なんか今日は、株式新聞みたいですね。でも、不当に低く評価されているのは不公正だよな・・・とかいらん正義感が頭をもたげているもので(^_^)。

|

« 児童手当の施策としての合理性 | トップページ | 国立・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/14629406

この記事へのトラックバック一覧です: 新興株式市場の相場が来る?:

« 児童手当の施策としての合理性 | トップページ | 国立・・・ »