« 会計規則による会社混乱は続く | トップページ | こんな写真が »

2007年2月20日 (火)

貧困の罠

 この「貧困の罠」というのは、今週の週刊東洋経済2月24日号の特集のタイトルです。会社のリストラ、母子家庭、精神や体を病んだ時などに貧困状態に陥り、そこから抜け出せなくなるという怖さを伝えてくれています。働きたくても十分な給与がもらえず、生活保護の申請を出しても、そもそも申請書を渡してくれないという北九州市の悪夢など、どこが「再チャレンジのできる美しい日本」だ?という話が一杯。

 そんな話を電車の中で読みながら帰ってきて、社会保険料の改定の書類に目を通しました。今まで、98,000円から98万円までの39段階の健康保険料の標準報酬の等級が58,000円からの47等級に拡大されることになりました。「えっ、月給が58,000円の人からも健康保険料を徴収するの?」と思ったのですが、実は勘違い。従来は、月給が4万円だろうと、7万円だろうと、98,000円の人と同じ健康保険料4,620円を給与から差し引かれていたところ、今度は、70,000円なら3,206円でよくなったという改善のようです。

 しかしだ。社会保険への加入は、一般的な従業員の就業時間の3/4以上の就労の人がすべて対象となるわけで、月間100時間よりも多い人が加入することになります。それで7万円といったら時給700円を割り込むじゃないですか。東洋経済の記事の中でも札幌市の最低賃金は651円(記憶ですが)といった記述があったように思いますが、ようするに最低賃金法適用スレスレのところまで、容赦なく保険料を差っぴくぞ・・・とも読めるわけです。年間で84万円、給与所得控除を引いたら、所得19万円。基礎控除が38万円だから、十分に所得税の対象外の人からも健康保険料を年間トータル3万円以上も取るわけです。これでいいのかなぁ。

 国民健康保険の場合、減免とか免除の制度が所得水準によってあったように思いますが、社会保険のほうがシビア。もちろん、国民健康保険を払えなくて医者にもかかれない状態に陥った貧困者の事例も東洋経済には書いてありましたので、徴収免除の制度がどこまで有効に機能しているのかは疑問ではありますが。

 時給900円ではまともな人が取れない・・・というのはホワイトカラーの世界の話。3Kの世界では、時給600円、700円という相場があるようです。

|

« 会計規則による会社混乱は続く | トップページ | こんな写真が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/13989072

この記事へのトラックバック一覧です: 貧困の罠:

« 会計規則による会社混乱は続く | トップページ | こんな写真が »