« パート職員を大募集しています | トップページ | ケースメソッドによる授業 »

2006年12月26日 (火)

小さな自慢と反省

 本日、下記のようなニュースリリースが出ています。
http://www.tr.mufg.jp/ippan/release/pdf_mutb/061226.pdf

 会社法の改正で、その他資本剰余金からも配当ができるようになりましたが、その場合、資本の払い戻しとなるため、みなし配当になる部分を除いて、配当所得にはならず源泉所得税を引かないで配当を払うように所得税法(24条、25条1項3号)が変わっています。

 うちの顧問先でも同じような事案をやろうとしているときに、たしかこんな規定があったような・・・という気がして、そして、召集通知にそんなことが書いてあったような会社の株を持っていたような気がして、顧問先に知らせました。同時に、その株を持っている会社にも電話をしましたら、最初は、自分の会社が資本剰余金から配当したのか利益剰余金から配当したのかもわからない状態。数十分後、「その他資本剰余金からの配当でした」という返事。そして、「じゃ、源泉したのは間違いでは?」という質問には翌日回答。その結果が、上記のリリースにつながったようです。

 某上場企業の財務や顧問税理士や信託銀行よりも知識があったぞ・・・という小さな自慢です。

 しかし、こういう間違い、自分も違うところでやっているのではないかと不安もあります。そして、その結果が、こういう大きなことになるかもしれないと思うと、身につまされる思いもします。いや、それくらい会社法も会計も税法も大きく変わって、難しくなりました。昨日もお客さんの会社の召集通知のゲラをみていて、「内部統制の整備に関する記載が抜けてません?」って指摘したら、「来期からでよいそうです。」と言われて、慌てて会社法施行規則の附則を読んだら、その通り書いてありました。Jさん、ご心配お掛けしました(ペコリ)という具合です。

 勉強してもきりがないと感じ、能力不足も感じたりする昨今です。

|

« パート職員を大募集しています | トップページ | ケースメソッドによる授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181294/13209751

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな自慢と反省:

« パート職員を大募集しています | トップページ | ケースメソッドによる授業 »